GMAを選んだ理由

GMAを選んだ理由

現在コロナ感染防止策として、マスクの着用が人々の日常生活に必要とされています。

そのため、マスク製造に使用されていた不織布の需要が増加していました。

GMA政鈺は長年の実績と高精度加工技術により、コロナ感染拡大後、いち早く不織布用ノズルの製作に

取り組みしました。


不織布の市場需要はピーク時期から安定提供になりましたが、

世界中の経済の回復により、押出成形Tダイの需要が高まっています。

一方、コロナ感染拡大の影響により、従来のビジネススタイルやアフターサービスの対応方式にも、

変わらなければなりません。

特に、海外渡航が困難な状況の中、現地に直接対応することが出来ず、顧客様が安心購入するために、

取扱説明の動画とウェブ会議などの方式で、問題解決を図ります。

また、リアルタイムでリモートソリューションのアプリを利用し、遠隔支援も可能となりました。

従来と比べて、出張時間がゼロとなり、より迅速対応が実現できました。

生産加工の品質及び管理の仕組み

押出成形Tダイを製作加工するため、工場内に50台の工作機械が稼働しています。

加工データ管理システムを導入し、各機械の運転状態、加工部品、時間、及び異常など

情報をデータ化し、加工効率の改善に繋げております。

また、各Tダイの生産条件により加工データを設定し、異常発生時の場合に、各担当者にアラーム警報を

発信します。そして、生産調整と機械の予防保全も行います。

今後、加工システムの情報を統合し、リアルタイムのアプリから、遠隔操作可能となります。

生産情報からデーターを分析し、効率良く且つ加工精度の維持を図ります。

 

ビデオ