押出成形Tダイの保全管理-五つポイント

押出成形Tダイの保全管理-五つポイント

押出成形Tダイの使用寿命は平均十年くらいと言われています。保全するために、

弊社は五つのポイント「点検、予備、技術、時間、信頼」のサービスを提供いたします。

1. 検査:全体的に点検することで、使用寿命の延長につながります。

  通常定期的に清掃、点検を行っていただく上に年に一度、全体的に点検を実施

  することで使用寿命が10~20%位、向上可能です。

  主な点検項目:流路(ランド)検査、メッキ厚みの磨耗状況、キズ、リップ点検、

         ディッケル部品、調整ボルト、温調ヒーターなど。

     

                                                                                点検前                                                                                                                                                        点検後

                                                                                       

2. 予備:定期的にメンテナンスと消耗部品を備蓄することで、点検時間と費用が抑えられます。

      定期的にメンテナンスを行うことで点検の予算、時間などが標準範囲内に調整

      をできます。また、製品の品質管理とコスト節約にも期待できます。

 

3. 技術:ダイス専門知識、熟練な経験と加工技術

    ダイスメンテナンス技術のノウハウを独自保有し、各種ダイスなどに対応可能 です。

   

                                                                修正前キズ                                                                                                                                        修正後

 

  1. 時間:安定生産するために、点検時間が必要です。

  押出成形Tダイの通常使用上、流路面やリップ先端などにキズを生じる問題が

  発生されます。

  弊社独自の技術により、通常修正工程の時間を大幅に抑えて、稼働停止期間を

        短縮することで、持続生産に繋がります。

 

  1. 信頼:全面的にサービスを提供いたします。

  問題解決を全力的に取り組んで、最善な提案をさせていただきます。

ビデオ